OLED (有機 LED:自動車用照明でのトップトレンド。

LED は今後も室内・外部照明のための主流技術です。その後継技術 OLED は既にスターティングブロックにあります。
26.07.2013
アプリケーション:  自動車
テクノロジー:  LED
ターゲットグループ:  コンシューマー, 輸出入, 車庫, 商社

OLED:有機 LED は車の照明のための未来の照明技術です。

LED は既に車の照明の標準です。次の技術的な開発は OLED (有機 LED) によってスターティングブロックに立っています。OLED の主なメリット:この技術は照明と照明器具のデザインに全く新たなオプションを提供します。

LED は点光源ですが、OLED は面照明です。車のいくつかの照明用途 – インジケータ、テールライト、インテリアライト – これらには広い面積に対応できる照明が必要です。自動車用途での有機発光ダイオードの最大の課題は熱の安定性:自動車メーカーの要件を満たすには、例えばテールライトでの OLED はピークの温度で少なくとも 85 ℃ の高温に耐えなくてはなりません。オスラムはこの課題の解決に向けて集中的に取り組み、見事に成功:昨年の夏、長期的な実験室試験の一部として、かかる高温に数百時間耐えることができる OLED が提示されました。一方、高温耐性はさらに改善され数千時間に耐えられるようになりました。「この研究の成功に続いて、研究者らは様々な車両で将来的な使用を実現すべく取り組んでいます」と、オスラム の OLED 部門担当の Ulrich Eisele 博士は述べています。「自動車業界は非常に長いリードタイムで将来のモデルを計画し、開発しています」と、Eisele は語っています。「これが、未来の車の開発を支援するために当社も自動車メーカーの計画・開発の一部になるべき理由です」これは OLED と LED で対応することができます。

LED は継続して時代の技術です。3 つの理由

オスラムの LED の車への取り付け場所
車で LED をプラグ接続する場所はどこでしょうか?

長寿命で堅牢

耐久性と堅牢性の面で、高品質発光ダイオードは他のすべての照明技術よりも優れています。Opto Semiconductors (OS) が製造した LED の寿命は 50,000 時間を超える動作寿命があります。これはライトが車両の使用寿命全体にわたってほぼゼロメンテナンスであることを意味します。これが車の照明で LED が既に標準品であることの理由です。LED は、30 年以上前の初期の段階には車のコックピットで単に非常に小型の白熱灯を置換するだけでした。約 10 年前から、テールライト部のインジケータだけでなく、テールライトとブレーキライトに LED が使用され、その後にはデイタライムランニングライトにも使用されるようになりました。 

2010 年に Audi A8 は初めてロービームヘッドライト、ハイビームヘッドライト、カーブライト、全天候照明を含むすべてのヘッドライトに LED を採用しました。LED は現在、他の多くの自動車メーカーの車種の室内/車外の照明に欠くことのできない照明になっています。オスラムの LED は新車両の半数で使用されています。LED は環境に優しく高いエネルギー効率:LED を採用した自動車のヘッドライトの消費電力はハロゲンランプの 125.4 ワットに比べてわずか 28.7 ワット – これは約 77% カットです。このように、LED 照明は燃料消費量を低減し、CO2 排出量の低減に役立ちます。

モダンな照明のデザイン

顧客が特定の車を購入し、他の車を購入しない理由は何でしょうか?車を購入する際の決定的な要素はそのデザインです。したがって自動車メーカーはその車に特別な「ルックス」を持たせるようにあらゆる努力をしています。「自動車のデザインで照明はデザイナーにとって重要な要素になりました。全くの暗闇でも、ブランド特有の特徴が分かるようでなければなりません」と OS の自動車外部 LED マーケティングマネージャーの Florian Rommen は述べています。通常、特定の技術的な要件 (デイタイムランニング、ロービーム、ハイビーム、インジケータ) によって異なる LED が使用されています。 

しかし、LED の種類に関係なく、すべての部品に白色グループの色を使用できるので、シームレスな外見を演出できます。別の要素としては、LED は同じように処理できるので、余り努力もせずに精巧なデザイン概念を実現可能です。2012 年、OS は現在最もコンパクトなハイパワー LED の Oslon Compact の試作品を自動車市場に提示しました。「その極めてコンパクトな形状と高照度で、ヘッドライトの光点をさらに簡単かつ任意に構成できるようになりました」と Rommen は述べています – 車の「光のデザイン」は車両の外見に紛れもない特徴をもたらし、さらに新たな用途に使用することができます。

安全性

単一の LED を詰めた配列で整列させて使用できるので、装飾的な照明のストリップソリューション、AFS (適応型ヘッドライトシステム) 用途に使用することができます。ここでヘッドライトの光が周囲の環境に適応可能:対向車が近づくと、ヘッドライトのいくつかの LED がインテリジェント制御によって消灯するため、対向車両のドライバーの目を眩ませることがありません。トレンドは室内の照明にも適応されています。車両の室内の光源は暗い車道で調光され、他のドライバーを刺激しないようにし、他のドライバーの目を慣らさせます。 

その一方、ドライバーが都市の道路を走っている場合は室内の照明を明るくして機器、路面が周りの明るさでも簡単に認識されるようにします。それでも十分でない場合:LED の非常に優れた光質と昼光のような白色光によってコントラストを鮮明にします。そのコントラストによって他のドライバー、くぼみや障害物を簡単かつ鮮明で早く認識できるようにして、ドライバーの目を疲れにくくします。

オスラム RSS
ニュースフィード

LED Floater Headline