BMW i8 のレーザー光:オスラムは開発のシステムパートナー

レーザーダイオードは自動車用照明の将来に多くの可能性を提供します。
25.02.2014
アプリケーション:  自動車
テクノロジー:  Laser
ターゲットグループ:  公共

BMW i8 のレーザー光:オスラムは革新的ヘッドライト開発のシステムパートナー

レーザー光は、LED と OLED の導入以来、自動車用照明における次の大きな前進の一歩です。2014年秋に発売される BMW i8 はレーザーヘッドライトを使用して公道を走行する世界初の量産車であり、オスラムはこの革新的なレーザー技術の開発でシステムパートナーとして決定的な貢献を果たしました。レーザーダイオードは車両用照明の将来に多くの可能性を提供します。その性能は印象的で完全に新しい デザインの可能性を開きます。

オスラムがこの分野で必要な能力を取得できたのは、その蛍光材料における長年の伝統と、医療技術用途 (内視鏡装置) およびビデオプロジェクター用途に対応するレーザーベースのシステムで蓄積してきた経験を生かしているからです。

レーザー光は自動車用照明で新しいトレンドを創出する可能性を持っています。

レーザー技術はヘッドライトデザインで完全に新しい方向への扉を開きます。レーザーダイオードは LED の約 10分の 1 と小型であることから特に優れて印象的です!これは、既存の光源をはるかに上回る特に強力な輝度によって補完されています。これはヘッドライトを将来さらに小型化できることを意味します – もとより光強度を妥協することなしに。ドライバーが享受する主なメリットは、かかるヘッドライトが既存のいかなるヘッドライト技術により達成可能な最大照射距離よりも長い距離を提供することです。これはドライバーの視認性を向上させ、道路交通の安全性の確保・向上につながります。

レーザー光は自動車用照明で新しいトレンドを作り出す可能性があります。しかしながら、レーザーモジュールによるハイビームがハロゲンランプやキセノンライトの普遍性を達成するまではかなりの道程があります。BMW はレーザーヘッドライト技術を採用することによって、この方向に最初の一歩を踏み出しています。

オスラム RSS
ニュースフィード

LED Floater Headline