オスラム、世界で最も効率的な LED ランプを構築

28.03.2014 | トレード プレス

研究の成果とは LED 製品に対応するさらに別の技術革新の波

オスラム研究チームは世界で最も効率的な LED ランプの構築に成功しました。この管状ランプは現在一般的に使用されている蛍光灯と LED チューブの半分の電力を消費するだけでなく、大幅に優れた演色性を実現します。この記録的な光源は光学半導体ビジネスユニットとランプビジネスユニットと共に中央研究部門が開発しました。「この研究の成功は LED のさらに別の技術革新を促進するもので、特に総合的な照明のプロとしての当社の戦略的な位置に基づくものです」と述べたのは、オスラムの最高技術責任者兼執行委員会メンバー (一般照明事業担当) Peter Laier です。

オスラムが Light+Building 2014 で公開するランプは 1 ワットあたり 215 ルーメンとほとんど前例のない効率レベルを達成することから、現在一般的に使用されている蛍光灯や LED チューブと同等の光量 (光束・ルーメン) をわずか半分の消費電力 (ワット) で実現します。今までの研究実証の場合とは対照的に、この 1.20 メートル長のランプは伝統的な蛍光灯と同じ長さです。ピーク効率は温白色光と昼白色光のいずれでも達成されます。

この記録は、高効率の赤色 LED チップと、独自に開発した蛍光体を含む白味がかった緑色のオスラム LED (近日生産開始予定) との組み合わせに基づいています。また、最大反射率を持つ材料だけでなく、吸収性を最小限に抑える革新的な光集積材料も使用されています。このランプは特別に開発された 95% の効率を特徴とする制御ユニットで動作します。このデモ用ランプは 3,900 ルーメンの温白色光 (3000K) を発光し、非常に良好な演色評価数 (CRI 90) を達成します。

これに使用した新たな形態の技術はステップバイステップでオスラム製品開発に統合され、同社は 2015年を目標にこれらの技術的形態を持つ一連の製品を開発していく予定です。

オスラムは Light+Building の第 2 ホール (「Alte Festhalle」) にて出展いたしますので、お客様のご来訪を楽しみにしています。

ランプの技術的な詳細:
ランプ効率 215lm/W
制御ユニットの効率
(いわゆるドライバー効率)
95%
システム効率 (ランプと制御ユニット) 205lm/W
消費電力 19W
光束 3900lm
色温度 3000K
演色評価数 (CRI) 90

 

オスラムについて

ドイツ・ミュンヘンのオスラムは世界最大手照明メーカー 2 社のうちの一つです。同社の製品ラインは、ランプ、電子制御装置、および発光ダイオード(LED)などの光半導体(オプトセミコンダクター)を含む部品だけでなく、照明器具、ライトの管理システムおよび照明ソリューションのバリューチェーン全体に及びます。オスラムは世界で 35,000 人超の従業員を擁し、2013 会計年度 (決算日 9月 30日) の収入は約 53 億ユーロでした。同社はその 100年以上にわたる事業活動を通じて「光」、すなわち生活の質に焦点を当ててきました。同社は 2013年 7月 8日にフランクフルト証券取引所とミュンヘン証券取引所に上場しました (ISIN:DE000LED4000; WKN:LED 400; 銘柄名:OSR)。詳しくは www.osram.com でご覧いただけます

プレスコンタクト

オスラム株式会社

sales@osram.co.jpT: +85 45 323 5100
F: +85 45 313 1900

オスラム RSS
プレスフィード

LED Floater Headline