Xgimiのプロジェクターが、ams OsramのOstar Projection Powerファミリーによって2,200ルーメンの輝度とより鮮やかな色を実現

2021年4月、プロジェクション分野のハイテクリーダーであるXgimiは、そのフラッグシッププロジェクターとなる、Horizon Proを発売しました。ams OsramのOstar Projection PowerファミリーLEDを主要な光源とするHorizon Proは、最大2,200ANSIルーメンの輝度を実現し、ほぼすべての環境で圧倒的な4K映像を提供します。中国成都に本社を置くXgimiは、2020年に世界のピコプロジェクター市場の18%以上のシェアを占めています。

Details:

Category: Entertainment
Subcategory: Projection Systems
Location: China
Technology: LED components
Year: 2021




映像コンテンツをより多く消費するようになった現在、消費者の間ではスマートLEDプロジェクターへのニーズが高まっています。また、プロジェクターへの期待は、大画面化や低価格化から、高輝度・高精細化へとシフトしています。

Horizon Proプロジェクターは、ams OsramのOstar Projection Powerファミリーの4つのコンポーネントを搭載し、より豊かな色彩とコントラストを実現しています。同社の4チャンネルトップサイドポンピングライトエンジン技術と組み合わせることで、Xgimiはその優れた信頼性と品質を生かすことができます。

Xgimiのマーケティング担当バイスプレジデントであるSam Shen氏は、次のように述べています。「ams Osramは当社が次世代プロジェクターで市場をリードする上で、非常に優れたパートナーであり続けています。ほんの数年前までは、LEDを使用した4K画像と2,000ルーメン以上のピコプロジェクターを出荷することは不可能でしたが、ams OsramのLEDがこの技術を現実のものにしてくれました。消費者により高い解像度と輝度を提供することで、これらのLEDがスマートプロジェクションとメディア消費の新たな時代をもたらすと確信しています」

ams OsramのOstar Projection Powerファミリーにおける12の新製品では、LED光源の従来の利点を提供しながら、輝度効率を向上するためにいくつかの技術的進歩が導入されています。これらのコンポーネントは、技術的な障壁を打破し、複数の技術分野で進歩を促進しています。

同じ消費電力の他の製品と比較して、ams OsramのOstar Projection Powerファミリーは、より少ない動作電流、よりシンプルなLEDドライバ、そしてより直感的なコンポーネント間の接続により、システム設計者によるソリューションの最適化を容易にしています。パッケージング技術の向上により、このシリーズにおけるLEDは、絶縁を追加する必要なくヒートシンクと直接結合することができます。新製品の基本的な機械的枠組みは、前世代の基本的枠組みを継承しているため、お客様は既存のプロジェクターシステムにおいて、迅速かつ便利に、低コストで製品を交換することができます。