高品質建築照明

Synios S 2222は全6色から選択でき、独創的な照明ソリューションと高品質建築照明を可能にします。

豊富になったカラーバリエーション:オスラムの新製品コンパクトLEDファミリーがカバーする幅広いアプリケーション

Synios S 2222ファミリーは、低・中出力の用途に幅広く適用します

12.05.2020 | Trade Press

ここ数年、ますます多くのアプリケーションにおいて、新しいLED技術の採用が進んでいます。オスラム オプトセミコンダクターズの新製品Synios S 2222ファミリーは、様々な電子機器に利用されるカスタマイズされた照明ソリューション、鉄道車両や航空機の空間照明から高品質の建築用照明までの、広範なアプリケーションに最適です。この製品ファミリーの特長であるコンパクトなサイズに、非常に優れた輝度値とカラーパレット全体をカバーできる性能が組み合わされました。

オスラムのSynios S 2222製品ファミリーは、多様な低・中出力アプリケーション(10 mA ~200 mA)用途の効率的かつ柔軟性のあるプラットフォームを提供します。お客様は全6色から選択でき、組合せることによってさらに用途の幅が広がります。白色(3000~6500 K、CRI >80)に加えて、この製品ファミリーには青色(445 nm~460 nm)、緑色(520 nm~540 nm)、黄色(583 nm~595 nm、蛍光体変換及び直接発光)、赤色(612 nm~626 nm)及び濃赤色(626 nm~636 nm)があります。サイズは統一された2.2 mm x 2.2 mmで、半田パッドは多くの異なるソリューションに対応できるよう容易に搭載可能な設計です。パッケージの高さはわずか0.6 mmで、極めてフラットな照明ソリューションを可能にします。

Synios S 2222

オスラムはこのSynios S 2222製品ファミリーで、マスマーケットに向けたフォトニクスのポートフォリオを拡大します。

オスラムは、これまでにないコンパクトなディスクリート部品に最高の性能を備えることを実現し、市場トレンドに対応しています。例えば、蛍光体変換の黄色は、140 mAで50 lmという傑出した輝度値を実現しています。またチップがパッケージの中心位置にあるため、アプリケーションに応じた2次光学系の適用が容易です。

「当社はこのSynios S 2222製品ファミリーで、お客様の独創的な照明ソリューションの実現に容易に役立つ、コンパクトな高品質のLEDを提供します。またこの製品は特別なパッケージ設計により、量産工程におけるピック&プレースでの扱いが容易です」とオスラム オプトセミコンダクターズのイルミネーション担当プロダクトマネージャーのAlvaro Wulffは説明しています。「お客様はアプリケーションに応じて、広範なカラーレンジから選択可能である一方、当社最新のチップ及びパッケージ技術の利点も得られます」。

テクニカル情報

Press contact: Steven Wang

プレスコンタクト

Steven Wang
S.Wang5@osram.com
T: +86 755 3322 4160

オスラムについて

ドイツ・ミュンヘンに本社を置くオスラムは、110年以上の歴史を持つ世界をリードする先端企業です。当社の製品は主に半導体系技術に集中し、バーチャルリアリティから自動車の自律走行、スマートフォンから建築や都市空間におけるネットワーク、知的照明ソリューションに至る、非常に多岐に渡るソリューションで使用されています。オスラムは光の無限の可能性を活かし、人々やコミュニティの生活の質(QoL)を向上させています。世界中で、オスラムのイノベーションは視認性の向上のみならず、通信、交通、労働、生活の向上を可能にします。オスラムは2018会計年度末(9月30日決算)時点で、世界中に約27,400人の従業員を擁し、2018会計年度は約41億ユーロの収益を挙げました。当社はフランクフルトおよびミュンヘン証券取引所に上場しています(ISIN: DE000LED4000; WKN: LED400; 銘柄コード:OSR)。その他の詳細はwww.osram.comをご覧ください。