緑色レーザーは、従来から産業機器に使用されている赤色レーザーよりも視感輝度が約4倍に

ams OSRAMの新しい緑色レーザーダイオードが、産業用途における赤色レーザーからの理想的な代替を可能に

- 緑色レーザーは、従来から産業機器に使用されている赤色レーザーよりも視感輝度が4倍に
- 新しいPLT5 522EA_Q緑色レーザーダイオードはTO56ケースグランド構成で、現在多用されているドライバトポロジーと互換性がある
- 最高動作温度70℃、高信頼性、長寿命のPLT5 522EA_Qは、新設計のレーザーを使用したビジュアライゼーションのための最適なソリューション

04.04.2022 | Trade Press

※本プレスリリースは、2022年4月4日にオーストリア・プレムシュテッテンで発表したプレスリリースの抄訳版です。

光学ソリューションのグローバルリーダーである ams OSRAM(日本地域統括バイスプレジデント:神永眞杉)は、レベリング、スキャン、バイオサイエンス、ドットプロジェクションなどの用途において、赤色レーザーに代わる、より高輝度で使いやすく、信頼性と価格競争力に優れた緑色レーザーダイオードを発表しました。

新しいPLT5 522EA_Qは、赤色レーザーの重要な特性を犠牲にすることなく、緑色レーザーが持つ赤色より約4倍明るく視認できるという視感度面での恩恵を、ユーザーが受けることを可能にしています。この緑色レーザーダイオードは、最高動作温度70℃での製品寿命と信頼性において厳格なテストを受けており、その寿命評価は、産業機器メーカーの標準的な要件を満たしています。

ams OSRAMの新しいPLT5 522EA_Q緑色レーザーダイオードはTO56ケースグランド構成で、現在多用されている赤色レーザーのドライバトポロジーと互換性があります

ams OSRAMのシニアマーケティングマネージャー、Thomas Brandesは次のように述べています。「緑色レーザーは、赤色レーザーに比べて視認性に優れているため、建設・測量などの産業用途や長距離スキャンに重用されています。PLT5 522EA_Qの導入により、メーカーは製品設計のあらゆる面で妥協することなく、赤色レーザーを緑色に置き換えることができます」

この新しいレーザーダイオードは、気密封止されたTO56CANのフォームファクターにて提供されます。また、この緑色レーザーは一般的な赤色レーザーに採用されているケースグランドのピン配置を採用しているため、既存の赤色レーザーから緑色レーザーへの置き換えを容易にし、置き換えの際の製品設計変更を最小限に抑えることができます。

赤色レーザーダイオードとは異なり、PLT5 522EA_Qはバーンインを必要としておらず、また、アイセーフのために必要とされるモニター用フォトダイオードをパッケージ内に搭載しています。

緑色レーザーダイオードの魅力的な特徴
PLT5 522EA_Qは、ビームを厳密に制御した端面発光レーザーです。ピーク出力は20mWで、ピーク発光波長は520nm、スペクトル帯域幅は2nmとなっています。連続発振モードとパルス発振モードのいずれでも使用できます。

ams OSRAMは、製品設計を支援するテクニカルサポートをお客様に提供しています。サポートには、光学系シミュレーションデータの提供、熱評価などが含まれます。

PLT5 522EA_Qのサンプルは、現在ams OSRAM製品の正規販売代理店から入手可能です。

プレスコンタクト

Steven Wang
Steven.Wang@ams-osram.com
T: +86 755 3322 4160

ams OSRAMグループについて
ams OSRAM Group(SIX: AMS)は、光学ソリューションのグローバルリーダーです。我々は光にインテリジェンスを持ち込み、イノベーションへの情熱を注ぐことで人々の生活を豊かにします。これが我々の言う「Sensing is Life」を意味します。

合わせて110年以上の歴史を持つ当社は、想像力、深いエンジニアリングの専門知識、そしてセンサーと光の技術におけるグローバルな生産能力を提供できることが主な特徴です。当社は、コンシューマー、自動車、ヘルスケア、インダストリーの各分野のお客様が競争力を維持することを可能にするイノベーションを創出し、環境負荷の軽減を行う一方で、健康、安全、利便性の面で生活の質を向上させるイノベーションの推進を行っています。

世界中の約24,000人の従業員は、センシング、イルミネーション、ビジュアライゼーションの分野でイノベーションを起こし、運転をより安全に、医療診断をより正確に、そして日々のコミュニケーションをより豊かにしています。画期的なアプリケーションのために創出された技術は、15,000件以上の登録済みまたは出願中の特許に反映されています。プレムスタッテン/グラーツ(オーストリア)に本社を置き、ミュンヘン(ドイツ)に共同本社を置くグループは、2021年に50億ユーロを超える連結収益を達成し、SIXスイス証券取引所にams-OSRAM AGとして上場しています(ISIN: AT0000A18XM4)。

詳細情報はこちらをご覧ください: https://ams-osram.com

amsはams-OSRAM AGの登録商標です。また、当社製品およびサービスの多くはams OSRAM Groupの商標または登録商標です。ここで記載されるその他全ての企業名および製品名は、各所有者の商標または登録商標である場合があります。

ams OSRAMのソーシャルメディアチャンネルをご購読ください: Twitter LinkedIn Facebook YouTube