オスラム オプトセミコンダクターズの新製品Duris S 2は、定評あるこの製品ファミリーで最小サイズのLEDです。

オスラム、蛍光灯の置換用に「ボーダーレス」なLEDを発表

Duris S2のチップサイズが均一な照明を実現

05.05.2015

オスラム オプトセミコンダクターズのDurisファミリーの製品ラインナップが、従来型パッケージではないコンパクトバージョンにより拡大されます。Duris S2は低出力から中出力のレンジで、160 lm/Wの高い標準発光効率、優れた色の均一性と色安定性を実現しています。そのため、蛍光灯置換用のLED製品として、均一な照明を実現することが可能です。

わずか2.0 mm x 1.6 mmの小型パッケージサイズで省スペースLEDは、ライン照明ソリューションに理想的です。放射角度150°の小型LEDは、従来型パッケージのLEDより多くの光量を側面に方射します。そのためライン照明と照明器具での配光に優れ、ホットスポットが低減されます。従ってLED使用数の低減が可能で、結果としてコストも削減されます。最大 150 mAまでオーバードライブすると、新Duris S 2のアプリケーション範囲は、埋め込み型天井照明やパネル照明にまで拡大可能です。

このS 2は新しいリードフレーム素材のエポキシ樹脂封止材料(EMC)を使用した、初のオスラムLEDです。「この素材のおかげでDuris S 2は最大50,000時間という、より長寿命を実現しています」と、オスラム オプトセミコンダクターズDuris製品担当プロダクトマネージャー Tony Tamは述べています。これは、35,000時間の寿命をもつ姉妹品LED Duris E 3など現行のDuris製品を凌ぐものです。「この技術を採用した他製品もこれに続く予定です」と、Tamは付け加えました。

わずか2.0 mm x 1.6 mmのS 2は、Duris ファミリーの中で最小サイズのLEDです。この新製品が現行のS 5およびS 8バージョンに加わります。Duris S 2は、3000K、3500K、4000K、5000Kの異なる色温度があります。2015年夏には、2700Kから6500Kの色温度の追加バージョンが続く予定です。この新LEDは現在、広範な品質テスト中です。また、LM-80規格(エネルギースター)に基づく認証プロセスも進行中で、結果は2015/2016期の冬になる見込みです。

テクニカルデータ:

パッケージサイズ2.0 mm x 1.6 mm
演色性(Ra)最低 80、標準 85
色温度3000, 3500, 4000, 5000 K
標準光束30 lm @ 4000 K
発光効率160 lm/W @ 65 mA
指向角150 °

オスラム オプトセミコンダクターズについて

ドイツ・ミュンヘンに本社を置くオスラムは、2 大照明メーカーのひとつです。その全額出資会社であるオスラム オプトセミコンダクターズは、ドイツ・レーゲンスブルクに本社を置き、可視光・赤外発光ダイオード、高出力レーザダイオード、センサを取り扱っています。生産拠点をドイツ・レーゲンスブルクとマレーシア・ペナンおよび中国・無錫に、北米の営業拠点をアメリカ・サニーベールに、アジアの営業拠点を香港に置き、世界中にセールスオフィスがあります。