コンパクトなOslon Squareハイパーレッドのプロトタイプは、信頼性、長寿命、低熱抵抗を実現しています。

オスラム、Oslon Squareハイパーレッドで植物育成照明に新基準を確立

大型チップで放射束が向上した高出力LEDが、業務用温室の植物育成照明にクラス最高効率を実現

08.05.2017

本年度フィラデルフィア(米国)で開催されるLightfairで、オスラム オプトセミコンダクターズは植物の健全な成長を促進するLEDプロトタイプ:Oslon Squareハイパーレッドを展示します。この第三世代2WタイプのLEDの特長は発光特性の改善、光出力向上および優れた耐腐食性にあり、Oslon Squareハイパーレッドを採用することで、極めて経済的な植物育成照明システムが可能になります。

植物の成長に不可欠なのは水と光です。異なる波長の発光ダイオード(LED)の使用で、生産者は植物育成の段階ごとに制御することが可能になりました。例えば、Oslon Squareハイパーレッドの波長は660nmで、開花調整をすることができます。Oslonファミリーのディープブルー(450 nm)とファーレッド(730 nm)の組み合わせで、オスラム オプトセミコンダクターズは植物育成用のスペクトル全体を完全に網羅しています。

この高出力LEDのプロトタイプには、パフォーマンスが向上した 2 mm x 2 mmチップが搭載されています。開発者はこの最新技術を採用することにより、駆動電流700 mA、動作温度25 °Cの時に、標準放射束905 mWおよび放射効率60%が達成可能です。これは既存のOslon SSLと比較して、放射束で13%、放射効率で25%の大幅な改善となります。Oslon Squareハイパーレッドの指向角は120°です。

「優れた耐腐食性と長寿命の新Oslon Squareハイパーレッドは、非常に高い信頼性があります。従って、当社の新しい主要製品は、Oslonファミリー全体に共通の高品質基準にも適合しています。」と、オスラム オプトセミコンダクターズ SSLプロダクトマネージャー Kok Peng Limは述べています。

Oslon Squareハイパーレッドのパッケージサイズは、既存のOslon SSLバージョンと同一のため、置き換えとしての使用も容易です。この新製品への置き換えは、お客様にとって2つの面で経済的な利点があります。1つ目は新高出力LEDが従来品よりもさらにパワフルなこと、2つ目はOslon Squareハイパーレッド1個でOslon SSL LED 2個分の代替になることです。このLEDの量産は2017年末に予定されています。

テクニカル情報

Press contact: Marion Reichl

Press contact

Marion Reichl
marion.reichl@osram-os.com
T: +49 941 850-16 93
F: +49 941 850-44416 93

オスラムについて

ドイツ・ミュンヘンに本社を置くオスラムは100年以上の歴史を持つ世界をリードする照明メーカーです。当社の製品ラインナップには赤外照明やレーザー照明などの半導体技術に基づく先端技術アプリケーションが含まれています。当社の製品は、バーチャルリアリティ、車の自動運転、携帯電話、建築や都市空間におけるスマート照明・接続照明ソリューションに至るまで多岐に渡るソリューションで使用されています。車載照明においては、グローバルマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーです。継続事業(Ledvanceを除く)に基づいて、オスラムは2016年度(9月30日決算)グローバルに約24,600人の従業員を擁し、約38億ユーロの収益を挙げました。当社はフランクフルトおよびミュンヘン証券取引所に上場しています(ISIN:DE000LED4000; WKN:LED400; 銘柄コードOSR) 。詳しくはwww.osram.comをご覧ください。