osconiq-e-2835-cri-90

Osconiq E 2835 CRI 90(QD)は、量子ドット技術により、店舗やオフィスなどの幅広い用途で、優れた効率値および演色性を実現します。

プレミアム照明を再定義 - ams OSRAMが新しい量子ドットLEDを発表


- Osconiq E 2835 CRI 90(QD)は、ams OSRAMの照明ソリューションポートフォリオを拡大し、非常に高品質の新しいミッドパワーLEDを提供
- 自社開発の量子ドット技術により、高演色評価数(CRI)でも200lm/W以上の優れた効率性を実現
- 世界初の2835パッケージによる量子ドットLED

22.07.2021 | Trade Press

光学ソリューションのグローバルリーダーである ams OSRAM(SIX:AMS)が、新しい量子ドットLEDを発表します。LED技術は何年も前から進展し続けており、一般照明用の高品質でエネルギー効率の高いソリューションへの需要が高まっています。ams OSRAMをはじめとするメーカーは、この要件を満たすLEDの開発に専念してきました。Osconiq E 2835 CRI90(QD)は、非常に高い演色評価数と暖色系の光色においても、効率値を新たな高みへと押し上げます。この特別な2835パッケージは、照明器具メーカーにさらなるシステム上のメリットを提供します。

量子ドット(QD)は特殊な半導体粒子で、青色光が当たると、その大きさに応じて異なる波長の光を発します。その固有の特性により、所望する色温度の非常に正確な調整が可能であり、暖色系白色スペクトルにおいて優れた効率値を示します。ams OSRAMの照明製品管理責任者であるPeter Naegeleinは次のように述べています。「特別に開発した量子ドット蛍光体により、ams OSRAMはこの技術を一般照明用途に提供できる、市場での唯一のメーカーとなりました。Osconiq E 2835は、この種類のLEDとしては唯一2835パッケージで提供されており、極めて均質な照明を実現しています」

osconiq-e2835

Osconiq E 2835 CRI 90(QD)は、高品質な照明ソリューションを提供するams OSRAMの包括的なポートフォリオを拡大します。

Osconiq E 2835 CRI 90(QD)は、2200~6500Kの色温度範囲で利用でき、200lm/W以上の優れた効率値を達成しています。また、0.5Wコンポーネントで2.8mm×3.5mmという省スペース設計により、特にコンパクトで効率的な照明器具の設計を可能にしています。量子ドットの優れた吸収特性により、必要なナノ粒子の量を削減することができます。一般照明におけるその他の蛍光体とは異なり、量子ドットをベースとしたソリューションは、開発面ではまだ初期段階にありますが、次世代の製品で実現できる、非常に有望な将来性を秘めています。ams OSRAMの量子ドットは、保護パッケージに封入されていることで、湿気やその他の外部の影響から保護し、より堅牢性が高いという特徴を備えています。この特殊な封入技術により、LED内における過酷な「オンチップ」の運用において、この小さな粒子を使用することが可能になりました。

また、このLEDは、2021年9月に欧州で義務化される光源のエネルギー効率に関する、単一照明規制(SLR)の厳しい要件にも対応しています。特に、新しいガイドラインの1つには、飽和赤色の値が50超という、いわゆるR9値があります。R1からR8はCRIの判定に用いられます。それぞれのR値は特定の色を表しています。

Osconiq E2835には他にも、オフィスや店舗の照明ソリューションに適したCRI 80のコンポーネントと、人体のメラトニン生成を抑制する青色の波長域にスペクトルピークを発生する、 人にやさしい照明(Human Centric Lighting)ソリューションに最適なOsconiq E2835 Cyanという2つのバージョンで利用できます。

量子ドット技術についての詳細情報 は、当社ウェブサイトをご覧ください。

テクニカル情報

Press contact: Steven Wang

プレスコンタクト

Steven Wang
S.Wang5@osram.com
T: +86 755 3322 4160

ams OSRAMグループについて
ams OSRAM Groupは、親会社であるams AGおよびOSRAM Licht AGといった上場企業などで構成される光学ソリューションのグローバルリーダーです。我々は光にインテリジェンスを持ち込み、イノベーションへの情熱を注ぐことで人々の生活を豊かにします。これが我々の言う「Sensing is Life」を意味します。
合わせて110年以上の歴史を持つ当社は、想像力、深いエンジニアリングの専門知識、そしてセンサーと光の技術におけるグローバルな生産能力を提供できることが主な特徴です。当社は、コンシューマー、自動車、ヘルスケア、インダストリーの各分野のお客様が競争力を維持することを可能にするイノベーションを創出し、環境負荷の軽減を行う一方で、健康、安全、利便性の面で生活の質を向上させるイノベーションの推進を行っています。
全世界の約3万人の従業員が、移動をより安全に、医療診断をより正確に、そして日々のコミュニケーションの瞬間をより豊かな体験にするために、センシング、イルミネーション、およびビジュアライゼーションの分野でイノベーションに取り組んでいます。画期的なアプリケーションのために創出された技術は、15,000件以上の登録済みまたは出願中の特許に反映されています。また、オーストリアのプレムシュテッテン/グラーツに本社を置き、ドイツ・ミュンヘンに共同の本社を設置しています。そしてamsグループは2020年に合計で50億米ドルを大きく超える収益(試算)を達成いたしました。

ams AGは、スイス証券取引所に上場しています(SIX: AMS/ISIN:AT0000A18XM4)。OSRAM Licht AGは、ドイツのXETRA市場に上場しています(XETRA:OSR/ISIN:DE000LED4000)。

詳細情報はこちらをご覧ください: https://ams-osram.com

amsはams AGの登録商標です。また、当社製品およびサービスの多くはams Groupの登録商標または出願中の商標です。ここで記載されるその他全ての企業名および製品名は、各所有者の商標または登録商標である場合があります。本プレスリリースで提供される情報は公開時点にて正確であることが確認されており、予告なく変更される場合があります。

amsのソーシャルメディア・チャンネルはこちら: Twitter LinkedIn Facebook YouTube

OSRAMのソーシャルメディア・チャンネルはこちら: Twitter LinkedIn Facebook YouTube

ご注意ください:amsブランドはams AGが所有し、OSRAMブランドはOSRAM GmbHが所有します。amsグループとOSRAMグループは合併の手続きを進めています。amsとOSRAMブランドが組み合わさることで、新たなブランドを確立するものではありません。今回の合併は2社が共に活動することを象徴し、将来的に統合されたグループの理念を表現したものです。