オスラムの青色高出力レーザが、イベントで息をのむ瞬間を演出

新しい高出力青色レーザが、イベントの鮮やかな照明ソリューションを可能にします。

ステージを独占:オスラムの青色高出力レーザが、イベントで息をのむ瞬間を演出

PLPT9_450LA_Eが、ミュンヘン本社の最先端技術企業である当社の照明用レーザポートフォリオを拡大

30.01.2020 | Trade Press

現代のロック/ポップショーは音楽を超えたものです。多くのショー的要素などのエンターテイメントファクターが、世界中の大スタジアムやイベントホールでのコンサートでますます重要になっています。これらのショーで重要な役割を果たすのが、最新のステージ照明です。この印象的な体験を創造するために多くのメーカーが信頼しているのが、オスラムの照明ソリューションです。新しい青色高出力レーザが、いまショーレーザ及びステージ用スポットライトのメーカーに利用可能な選択肢の範囲を拡大します。

オスラム オプトセミコンダクターズのPLPT9_450LA_Eは、気密封止されたTOメタルカンパッケージのマルチモードレーザダイオードです。すぐれたフォームファクタに卓越したビーム品質を組み合わせたレーザで、とりわけショーレーザやステージ照明の光源に適しています。

輝度に関しては、LEDに比べてレーザダイオードに利点があります。標準2 Aの動作電流で、このPLPT9_450LA_Eは光出力3.0 W に達し、波長447 nmの青色光を発光します。適切な光学系の助けで、このレーザ光は直径わずか数マイクロメートルの焦点面に集光されます。このレーザはそのまま青色光源として使用するか、特殊蛍光体と組み合わせて白色変換で使用できます。この白色光源が実現する輝度は、同等のLEDの約3倍も高いものです。

PLPT9_450LA_Eのパッケージは、定評あるロバストなTO90です。この新しいTO90パッケージと3ピンの初代TO56との違いは、 わずか2ピンの接触部である点です。冷却の簡素化によって、発熱はコンポーネントから容易に放熱可能です。さらに最終的な照明ソリューションへのレーザの実装も、大幅に複雑性が減りました。

「このPLPT9_450LA_Eで、当社の3 WバージョンInGaNレーザの広範なポートフォリオが完結します。冷却の簡易化、最大 85° Cまでのアプリケーション範囲と 5 V未満の動作電圧により、当社のカスタマーはショー用レーザ、内視鏡、業務用レーザトーチその他の用途で、小型かつ軽量設計の高品質な照明ソリューションを実現できます」とオスラム オプトセミコンダクターズのビジュアライゼーション&レーザ担当プロダクトマネージャーの Christoph Walterは説明しています。

Press contact: Steven Wang

プレスコンタクト

Steven Wang
S.Wang5@osram.com
T: +86 755 3322 4160

オスラムについて

ドイツ・ミュンヘンに本社を置くオスラムは、110年以上の歴史を持つ世界をリードする先端企業です。当社の製品は主に半導体系技術に集中し、バーチャルリアリティから自動車の自律走行、スマートフォンから建築や都市空間におけるネットワーク、知的照明ソリューションに至る、非常に多岐に渡るソリューションで使用されています。オスラムは光の無限の可能性を活かし、人々やコミュニティの生活の質(QoL)を向上させています。世界中で、オスラムのイノベーションは視認性の向上のみならず、通信、交通、労働、生活の向上を可能にします。オスラムは2018会計年度末(9月30日決算)時点で、世界中に約27,400人の従業員を擁し、2018会計年度は約41億ユーロの収益を挙げました。当社はフランクフルトおよびミュンヘン証券取引所に上場しています(ISIN: DE000LED4000; WKN: LED400; 銘柄コード:OSR)。その他の詳細は www.osram.comをご覧ください。