新世代Topled E1608は、強い印象を与える多機能性、より小型なパッケージ、幅広い輝度値と色彩を提供します。

Topled E1608:オスラムがヒット製品の次世代LEDを発表。

車載インテリア向け多色対応の小型パッケージ低電力LED

レーゲンスブルク、2017年6月14日,

25年以上前から、Topledは初めての表面実装型LEDとして世界標準となりました。オスラムオプトセミコンダクターズは、イエロー、オレンジ、ピュアグリーンやトゥルーグリーンからスーパーレッド及びホワイトといった多彩なカラーに対応した最新世代のTopled E1608をここに発表致します。従来に比べてよりコンパクトな1.6 mm x 0.8 mm x 0.6 mmのパッケージサイズに加え、性能や耐久性も向上しています。そのため、この低電力LEDは、従来に比べて対象用途が広がり、設計面での柔軟性も向上しており、特にカーインテリア用途に最適です。

オスラムオプトセミコンダクターズの新型Topled E1608LEDは、薄型GaN(窒化ガリウム)、薄膜、カラーオンデマンドといった最新のチップテクノロジーによって開発されました。最新の最高効率コンバータと組み合わせることで、新型LEDは低電力でありながら、従来仕様のように高輝度値を実現しています。例えば、ピュアグリーン変換バージョンでは、780 mcd(10mA時)という驚くべき無類の値(10 mAで)を実現しています。また、パッケージに関して、オスラムは試行錯誤を重ねて開発したプレモールド技術を使用していますが、以前のバージョンに比べてサイズが小型化されています。製品名称の「1608」は、標準タイプのTopledのサイズ3.2mm×2.8mmと比べて、よりコンパクトな1.6mm x 0.8mmというサイズを意味しています。0.6mmというE1608の厚みについても、従来の1.9mmよりも薄くなっています。

Topled E1608 – 将来の業界標準
新しいパッケージサイズにより、新型のE1608は、よりコンパクトなカスタマーシステム、特に車内照明への使用が可能となりました。オスラムオプトセミコンダクターのLED車載インテリア担当マネージャーであるAnita Wenzl氏は次のように述べています。「Topledが25年以上にわたって好評を博してきたのは、色と高輝度に対する幅広い選択肢による多用途性と信頼性に基づくものです。」そして、「新型Topled E1608は、当社のすべての技術のさらなる発展を体現しています。したがって、この製品が徐々に着実に認知度を上げていき、新しい業界標準となる可能性をも秘めていると我々は考えています。」

現行6タイプのTopled E1608製品の市場投入は、本製品シリーズにおける一連の多数ある中の新バージョン製品の先駆けに過ぎません。 2017年には、特に白色タイプ製品において、さらに多くの新バージョンが順次発売される予定です。

Topledシリーズに関する詳細情報は、製品カタログをご参照ください。

オスラムについて

ミュンヘンに本社を置くオスラムは、100年以上の歴史を持つ世界をリードする照明メーカーです。その製品ポートフォリオには、赤外照明やレーザー照明などの半導体技術に基づく先端技術アプリケーションが含まれます。当社製品は、バーチャルリアリティ、自動車の自律走行、あるいはモバイルフォンから建築や都市空間におけるスマート照明・接続照明ソリューションに至る、非常に多岐なソリューションで使用されています。車載用照明での当社は、市場及び技術ともに世界トップです。継続事業(Ledvance事業を除く)に基づくオスラムの陣容は、2016会計年度(9月30日決算)の時点で世界中に約24,600人の従業員を擁し、収益高は38億ユーロです。当社はフランクフルトおよびミュンヘン証券取引所に上場しています(ISIN:DE000LED4000; WKN:LED400; 銘柄コードOSR) 。詳細情報はwww.osram.comご覧ください。

プレスコンタクト:Melanie Zhou

プレスコンタクト

Melanie Zhou
haili.zhou@osram-os.com
T: +86 21-5385 2661
F: +86 21-5385 2868

テクニカル情報