オスラム オプトセミコンダクターズ製品のREACH情報

REACH =化学物質の登録、評価、認可および制限に関する欧州規則1907/2006/EC。

有害物質の入念な取扱いは、オスラムにとって第2の天性です。製品における特定物質の不使用と削減、および法的規制を凌ぐ処理には高い志を持って取り組んでいます。これが不可能な場合、当社は化学物質の登録、評価、認可および制限に関する欧州規則1907/2006/EC (REACH)の枠組み内で当社の顧客に情報を提供します。

第33 条第1項ではある製品またはパッケージングに、成形品あたり重量比0.1 %以上の対象候補物質が1種類以上含有される場合、顧客への情報提供要件を定めています。その場合、REACHではこれらの物質の契約製造業者およびディストリビュータが顧客に対し、「そのサプライヤが入手可能な、物質の名称を最低限含む、当該物質の安全な使用を可能にする十分な情報」を顧客に提供する責務を義務付けています。

REACH規制とは別に、オスラム オプトセミコンダクターズの顧客はしばしば当社製品に含有される危険物質への情報を要求し、当社は同様にサプライヤに対し物質申告の開示とその定期的な更新を要求しています。

REACH規制と別に、オスラム オプトセミコンダクターズの顧客はしばしば当社製品に含有される危険物質への情報を要求し、当社は同様にサプライヤに対し物質申告の開示とその定期的な更新を要求しています。

BOMcheck®

上記規則と顧客期待度の動的変化から、これらの申告の定期的更新は不可欠です。全ての情報要件に対応可能なように、オスラムは物質申告のウェブデータベースBOMcheck® (www.BOMCheck.net)への加入を決定しています。

BOMcheck®は、主としてREACH規則およびRoHSその他の制限物質規制への適合性申告をサプライヤに可能にするよう設計された、法規制コンプライアンスツールを提供しています。BOMcheck®システムが実現するオスラムのサプライヤへの利点は下記の通りです:

  • 危険物質に関する規則遵守について、電子署名を含み証明する効率的かつ低コストの手段
  • 製造者パーツリストの物質申告作成への専門家のガイダンス
  • RoHS およびREACH 付属書 XIVに追加される新対象物質情報の最新化
  • オスラムのみならず、全サプライヤと顧客への容易な情報提供
  • 規則不遵守のリスク低減
  • BOMcheck®によるオスラムのサプライヤ物質申告への直接アクセスにより、その製品へのコンプライアンス評価が可能に。

御社が当社から調達した品目(非化学品)は、通常のまたは合理的に予測可能な使用条件下では、いかなる物質も意図的に放出されることはありません。そのため、危険物質および調剤にのみ必要な化学物質等安全性データシートはご提供していません。当社に提供されるサプライヤ製品の化学物質使用に対するサプライヤのチェックは、継続的に行われています。

現在の時点で当社の知り得る限りにおいて、第33 条に記載されたリストの対象候補物質は、当社製品には存在しません

REACH 第33条関連のオスラム オプトセミコンダクターズ情報

詳細のお問い合わせは、最寄りのセールスオフィスを通して当社EHS部門までお気軽にご連絡ください。

セールスお問い合わせ